/

この記事は会員限定です

大阪都構想、僅差で否決 専門家の見方は

(更新) [有料会員限定]

大阪市を廃止して4つの特別区に再編する「大阪都構想」の住民投票は僅差で否決となった。専門家に意見を聞いた。

砂原庸介・神戸大教授(地方自治) 選択肢提示、関心高める

大阪都構想の実現を掲げる大阪維新の会の登場で、大阪では選挙のたびに対立軸が示され、有権者は選択してきた。自らの1票が身近な生活や地域の将来に影響を与えるという経験を積み重ねてきたのは全国で唯一だろう。

地方選挙で投票率が低...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り960文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン