/

この記事は会員限定です

膨大な議論、地域戦略に生かせ 大阪都構想否決

[有料会員限定]

この10年、大阪の政治を揺るがしてきた大阪都構想にノーという結論が出た。ただ、賛否の拮抗は、迷い、揺れた民意を映し出している。長い歴史を持つ大阪市をなくして再編することへの批判と不安。一体感を持って大阪を発展させてほしいという期待。有権者の心情は2015年の前回投票時とさして変わっていなかったように思える。

「わからない」という声を今回もよく聞いた。それは都構想の利点欠点が理解しにくい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1046文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン