/

神戸市長「大都市制度の在り方議論を」 都構想否決で

神戸市の久元喜造市長は1日夜、大阪市を廃止して特別区を設置する「大阪都構想」が住民投票で否決されたことを受け、「引き続き、大阪府と大阪市が関西の一体的な発展に貢献していただくことを期待している」とのコメントを発表した。その上で、大都市制度の在り方について、「引き続き特別自治市制度の創設をふくめ、本格的に議論が進むことを期待したい」とした。

一方、京都府の西脇隆俊知事は「それぞれの地域に合わせて一番良い制度を住民の判断により選択することが地方自治の原点であり、今回の結果は、まさに住民投票によって示された大阪市民の選択である」とのコメントを発表した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン