/

この記事は会員限定です

[社説]成長を確信できなかった大阪都構想

[有料会員限定]

「大阪都構想」が大阪市の住民投票で再び否決された。政令指定都市の大阪市を廃止してよいと思えるほど、都構想によって大阪が成長するとは確信を持てなかったということだろう。

都構想はもともと大阪を成長させ、グローバルな大都市競争に打ち勝つことを主眼に置いていた。そのために大阪市を廃止して府と市の二重行政を解消し、成長に必要な権限と財源を府に集中させる狙いがあった。

成長を優先すれば、ある程度、都市の自治...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り732文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン