/

この記事は会員限定です

摩擦恐れず巨額投資 NTT社長 澤田純氏

トップの決断

[有料会員限定]

「グループ分割を求めてきた国が黙っていないぞ。巨額投資も危うい」。NTTドコモの完全子会社化を考えていたNTT社長の澤田純には今夏、複数の有力OBが苦言を伝えていた。それでも澤田はドコモを4兆円超で完全子会社にすると決めた。

1992年にドコモを分離したNTTに、旧郵政省は「ドコモへの出資比率を下げるように」とくぎを刺してきた。ドコモ自身、初代社長の大星公二がかつて「社名からNTTを外したい」と語ったよ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1596文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン