/

この記事は会員限定です

JR東日本・深沢社長に聞く 通勤客、来春8割まで回復

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの影響で痛手を被っているのが運輸業界だ。足元の乗客の動向や、ニューノーマル(新常態)に対応した会社の姿について、JR東日本の深沢祐二社長に聞いた。

――通勤・通学客はどの程度戻りましたか。

「定期券の販売動向を見ると、平時の7割強まで戻ってきた。数字は徐々に上向いており、今年度末には8割強に達するだろう。だが、テレワークの定着などで完全に元に戻ることはないと覚悟している」

――東北新幹線な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1013文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン