/

安倍氏、父の墓前で「全力尽くした」 退任後初の帰郷

安倍晋三前首相は1日、9月の首相退任後に初めて地元の山口県長門市に帰郷し、父・晋太郎元外相の墓参りをした。記者団に「『首相の職責を果たすことに7年8カ月全力を尽くし辞職した』と報告した」と語った。

出身派閥の細田派への復帰について「首相の職を辞したばかりで全党的な支援もいただいてきた。しばらくは一議員として活動を再開することに専念したい」と話した。

憲法改正に関して「野党は『安倍政権の間は憲法改正しない』と言っていた。その言い訳はもう通用しない」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン