/

この記事は会員限定です

ワサビ栽培、シェアオフィス 変わる地域金融の現場

[有料会員限定]

少子高齢化や地域経済の衰退、超低金利で地域金融機関の経営環境は厳しさを増している。一方で規制緩和が進み、多角化で農業などの新規ビジネスを立ち上げたり、店舗の空きスペースを活用して収益を得たりする動きが広がる。山口県、静岡県、大阪府の地域金融機関のユニークな取り組みを取材した。

ワサビ栽培や英会話教室

山口フィナンシャルグループ

10月の秋晴れの下、山口県岩国市で青々とした畑ワサビの苗が植えられていく。作業するのは山口フィ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2242文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン