/

オーストリア、部分的な都市封鎖へ 11月末まで

【ウィーン=細川倫太郎】オーストリアのクルツ首相は10月31日、11月3日から飲食店を閉店し、夜間の外出は禁止すると発表した。部分的なロックダウン(都市封鎖)で、11月末まで続ける。欧州は新型コロナウイルスの感染者が急増しており、ウイルスの封じ込めへ規制を強化する動きが広がっている。

クルツ首相は記者会見で医療が過重な負担を強いられる恐れがあると指摘した(10月31日、ウィーン)=ロイター

オーストリアの1日あたりの感染者数は10月30日に、約5600人と過去最多を更新した。クルツ氏は「今、行動しなければ医療が過重な負担を強いられることになる」と述べ、国民に理解を求めた。1カ月で感染者を大幅に減らし、消費が活気づくクリスマスシーズンには経済の正常化を目指す。

今回の規制では飲食店は閉店し、持ち帰り営業のみ認める。仕事や通院、運動などを除き午後8時から午前6時までの外出を禁止する。宿泊施設は仕事以外の利用は認めない。大学などはオンライン授業に切り替える。

一方、生活に必須ではない小売店や美容院なども営業を続けられる。経済への打撃を最小限に抑えるため、今回は春に導入した厳しいロックダウンに比べると緩い。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン