サッカー

名古屋、堅守で3位浮上 肉弾戦もいとわず

2020/10/31 22:40
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

開始7分で得たPKを名古屋は金崎がきっちり決めた。「早い時間帯に先制できてむちゃくちゃ楽になった」と阿部。イタリア人のフィッカデンティ監督も「相手がボールを取りに来る状況にできた」とうなずく。川崎に次いで総失点が少ない名古屋の"伊式守備"が稼働する条件が早々に整ったわけである。

【関連記事】
・31日のJ1 結果と戦評

そこからは泥臭い戦いに鹿島を引きずり込んだ。米本と稲垣の両ボランチがバイタルエリ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

サッカーのコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 明治安田J2第37節第1日(28日・トランスコスモススタジアム長崎ほか=2試合)前節3位の長崎は新潟に2―0で快勝し、勝ち点70で暫定2位に浮上した。4位の北九州は岡山と1―1で引き分け、勝ち点は5 …続き (18:17)

 明治安田J1第30節第3日(28日・パロマ瑞穂スタジアムほか=2試合)3位の名古屋は大分と0―0で引き分け、3連勝を逃した。勝ち点は56。7位の広島は札幌に2点を先行されたが、レアンドロペレイラらの …続き (17:20)

名古屋―大分 後半、大分・鈴木(左)と競り合う名古屋・前田(28日、パロマ瑞穂)=共同

【名古屋0―0大分】互いに決め手を欠き、引き分けた。サイドから崩しにかかった名古屋は中央にパスがつながらず、シュートで終われなかった。大分は後半からスペースを広く使った攻撃を組み立てて揺さぶったが、最 …続き (17:10)

ハイライト・スポーツ

[PR]