/

「燃えない首里城」重視 正殿、2026年復元へ対策強化

焼失した首里城(那覇市)の正殿跡で放水する消防隊員(2019年10月31日、同市消防局提供)=共同

二度と焼失しない首里城(那覇市)をどう造るか――。全焼した正殿の2026年までの復元に向け、最も重視されているのが防火対策の強化だ。火災の早期発見と迅速な初期消火のため、新たな設備を取り入れる。復元過程を公開する「見せる復興」も進める方針だ。

火災は昨年10月31日午前2時半ごろ発生。正殿から出火して勢いよく燃え広がり、正殿や北殿、南殿など計6棟が全焼した。景観上の理由などから木造の正殿にスプリンクラーがなかった上、消防車両は城郭内に入ることができなかった。ホースを延長して放水するのに手間取り、鎮火は約11時間後。沖縄県警や市消防局は出火原因を特定できなかった。

復元は城郭内を所有する国が主導する。内閣府沖縄総合事務局が設けた技術検討委員会は、熱と煙の両方を感知し、自動放水するスプリンクラーを正殿内に設置することを決めた。夜間のわずかな明かりでも監視できるカメラも導入する。

さらに、城郭外から送水できる連結送水管を地下に埋設し、城郭内の全ての建物に50メートル以内の距離から放水できるようにする。消防隊の進入を妨げないよう、門は自動火災報知設備と連動して解錠されるようにする。

政府は正殿について、22年中に着工し26年までに復元する工程表を策定した。全焼した北殿や南殿は、跡地を正殿建設の作業場として利用し、26年度中に着工する予定。

沖縄総合事務局の吉住啓作局長は「二度と今回のような火災を起こさないことが大事。想定されるさまざまな出火要因に対応した、万全な防火対策を進めていきたい」と話している。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン