/

この記事は会員限定です

コロナ下の米年末商戦、ネットシフト一段と

4年ぶり低水準の予測も 実店舗はセール分散

[有料会員限定]

【ニューヨーク=白岩ひおな、河内真帆】米国の年末商戦が今年は様変わりしそうだ。新型コロナウイルス感染者数が再び増えるなか、消費者の平均支出が4年ぶりの低水準になるとの予測もある。小売り各社はセールの分散などで顧客呼び込みに知恵を絞るが、コロナ下で好調さが鮮明なネット通販へのシフトが一段と進みそうだ。

米国では感謝祭の祝日(11月26日)翌日の金曜日を「ブラックフライデー」と呼び、小売り各社が大規模...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り835文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン