/

この記事は会員限定です

厚労相「感染情報共有へ法改正」 医療デジタル化も推進

[有料会員限定]

田村憲久厚生労働相は日本経済新聞のインタビューに応じ、新型コロナウイルスなどの感染症対策で国と自治体の情報共有を強化するため、感染症法の改正を進める考えを示した。情報共有が滞り治療や検査に支障が出る事態を防ぐ。医療機関には感染情報を把握するシステムの利用を義務付け、遅れが目立つデジタル化にも取り組む。

田村氏は新型コロナへの対応に「いろんな目詰まりがあった」と認め、「うまく連携がとれる形を考えない...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1434文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン