/

この記事は会員限定です

仏大統領「表現の自由」前面、イスラム諸国デモ拡大

[有料会員限定]

【パリ=白石透冴、カイロ=久門武史】パリ近郊や南仏で相次ぐ過激派テロを巡り、フランスとイスラム諸国の溝が深まっている。マクロン仏大統領はイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を「表現の自由」として擁護する姿勢を崩さず、テロ警戒度を「最高」に上げて対抗する構えだ。一方、イスラム諸国では「冒涜(ぼうとく)」だとして反仏デモが広がる。

マクロン政権は30日、関係閣僚の閣議でテロ対策を話し合った。11月2日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1262文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン