/

この記事は会員限定です

ソフト開発に税優遇検討 クラウド活用を支援

[有料会員限定]

経済産業省と財務省は2021年度税制改正で、企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を後押しするために研究開発税制を見直す。現在の税優遇は機械や部品といったモノの開発が中心。対象外となっているクラウド活用に必要なソフト開発への投資も加える方向で検討する。与党税制調査会で議論し12月にまとめる与党税制改正大綱に盛り込む。

研究開発税制は企業が研究開発にかけたお金の一部を法人税額から...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り689文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン