/

この記事は会員限定です

三井住友海上、IoT機器向けに保険

サイバー攻撃に対応

[有料会員限定]

三井住友海上火災保険は11月15日から、あらゆるモノがネットにつながるIoT機器向けサイバー保険の提供を始める。サイバー攻撃による個人情報漏洩などが原因となった損害に対応するのが特徴。これまでは機器が壊れないと保険がきかなかった。

マクニカネットワークス(横浜市)が提供するIoT機器の診断サービスを利用した企業に保険を提供する。支払限度額は500万円。機器がサイバー攻撃を受けて損害が出た場合...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り197文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン