/

東京国際映画祭が開幕 コロナ禍でコンペなし

第33回東京国際映画祭が31日、東京都港区の六本木ヒルズを主会場に開幕した。新型コロナウイルス感染防止のため、今年は一般客を集めた屋外での「レッドカーペット」は行わず、賞を競うコンペティションも中止。11月9日まで世界各地の作品を上映する。

 第33回東京国際映画祭が開幕し、あいさつする俳優の役所広司さん(31日午後、東京・千代田)=共同

有楽町の東京国際フォーラムでのセレモニーでは、映画祭をPRする「アンバサダー」の俳優、役所広司さんが「スクリーンで映画が見られることが映画ファンにとっては最高のプレゼント。コロナ禍でもみんなで知恵を絞って映画祭を続けられるよう、観客の皆さんと一緒にがんばっていきたい」とあいさつした。開幕作品は武正晴監督の「アンダードッグ」。

映画祭では是枝裕和監督が提案し、アジアの映画人がオンラインで語り合う新企画「アジア交流ラウンジ」が開催され、日本映画の今を発信する「Japan Now」部門では、深田晃司監督の作品を特集上映する。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン