/

米外食大手インスパイア、ダンキンを買収 113億ドルで

【ニューヨーク=白岩ひおな】アービーズ・レストラン・グループを傘下に持つ米外食大手インスパイア・ブランズは30日、ドーナツ店チェーンやアイスクリームの「バスキン・ロビンス」親会社の米ダンキン・ブランズ・グループを買収すると発表した。負債も含む買収評価額は113億ドル(約1兆1800億円)で、マクドナルドに次ぐ米国の外食チェーン業界2位となる。

買収は年内に完了する見込みだ。インスパイアはダンキンを1株当たり106.5ドル、企業価値88億ドルの評価額で取得し、非公開化する。合併後の年間売上高は260億ドルとなる見通しだ。傘下の飲食店は3万1600店以上で、フランチャイズを含む従業員は60万人となる。

「ダンキン・ドーナツ」と「バスキン・ロビンス」はインスパイア内のブランドとして運営される。ダンキンの飲食店は約2万1千店のうち42%が米国外の店舗で、日本のB-Rサーティワンアイスクリームも含まれる。インスパイアは買収を通じて海外での出店拡大の足がかりにする狙いもある。

新型コロナウイルスの感染拡大が続くなかでの買収合意をめぐり、インスパイアのポール・ブラウン最高経営責任者(CEO)は「パンデミック(世界的大流行)でダンキンは通勤や通学時の朝食需要が減ったが、収束後には消費者は以前の生活に戻ると信じている」と説明。ドライブスルーを備えたチェーンは魅力的だとした。

ダンキンのデイブ・ホフマンCEOは買収が「有意義な価値をもたらし、フランチャイズ加盟店の成長を推進し続けると確信している」と述べた。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン