/

この記事は会員限定です

ファーウェイ幹部の一部主張認める カナダ最高裁、審理を継続

[有料会員限定]

【ニューヨーク=白岩ひおな】カナダのブリティッシュ・コロンビア州最高裁は29日、米国が起訴した中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の孟晩舟副会長兼最高財務責任者(CFO)の米国への身柄引き渡しを巡る審理で、孟氏の一部の主張を認めた。一定の範囲内で追加の証拠を提出する権利があるとの判断を示した。11月以降も審理を継続する。

孟氏は身柄の引き渡しを要求している米国が不正確な証拠を提出していると...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り558文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン