/

NYダウ反落、157ドル安 コロナ感染拡大で景気に懸念

(更新)

【NQNニューヨーク=戸部実華】30日の米株式市場でダウ工業株30種平均は反落した。前日比157ドル51セント(0.6%)安の2万6501ドル60セントで終えた。米国の新型コロナウイルスの1日当たり感染者数が過去最多を更新し、景気懸念が高まった。前日夕発表の決算を材料にスマートフォンのアップルなど主力株が売られたのも相場の重荷となった。来週に米大統領選挙を控え、買い手控えムードも強かった。

ダウ平均は週間では6.5%下げ、3月第3週(17.3%)以来の下落率となった。

米ジョンズ・ホプキンス大学の集計では29日の米国の新型コロナの感染者数が8万8500人と、23日に記録した過去最多を上回った。累計では900万人近くに達した。欧州ではドイツやフランスが行動規制などを強化しており、米国も外出自粛や経済活動の制限規制が強まるとの見方が広がり、投資家心理を冷やした。

決算を受けた主力ハイテク株の下げも相場を押し下げた。前日夕に発表した7~9月期決算でスマートフォン「iPhone」の売上高が大幅に減ったアップルは6%安。10~12月期の営業利益見通しが市場予想を下回ったネット通販のアマゾン・ドット・コムは5%安となった。

ダウ平均の下げ幅は一時500ドルを超えた。11月3日に米大統領・議会選挙を控え、市場では選挙直前の週末とあって「短期投資家も買いを入れにくい状況だ」(ミラー・タバックのマシュー・マリー氏)との声が聞かれた。

ダウ平均構成銘柄ではアップルのほか、顧客情報管理のセールスフォース・ドットコムやソフトウエアのマイクロソフトも安い。景気敏感株の一角も売られ、航空機のボーイングやクレジットカードのビザは2%安となった。

ただ、ダウ平均は引けにかけて下げ幅を縮めた。今週は前日までに1700ドル近く下げており、押し目とみた買いが入ったとの見方があった。「ハイテク株に売られる一方、バリュー株の一角に資金が流入した」(キングスビュー・アセットマネジメントのポール・ノールト氏)という。建機のキャタピラーや銀行のJPモルガン・チェースなどが上昇して終えた。

ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数も反落し、前日比274.00ポイント(2.4%)安の1万0911.59と、約1カ月ぶりの安値で終えた。主力ハイテク株の一角に加えて、半導体関連株への売りが目立った。前日夕に市場予想を上回る決算を発表した検索サイトのグーグルの親会社アルファベットは4%高で終えた。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン