/

この記事は会員限定です

コロナ禍逆手に新業態 サブスク拡充、レジを自動化

スマートワーク経営調査

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍による対面業務の制限は、多くの企業にとって事業の足かせとなった。だが新業態への進出や先端技術による自動化で、新たな市場を生む動きが出てきた。コロナの収束が見通せない中、危機を逆手に取る市場開拓力が問われている。

日本のものづくりを代表する自動車業界が業態の変革を進めている。トヨタ自動車は車のサブスクリプション(定額課金)サービス「キント」の拡充に動く。月ごとの定額料金で一定期間...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1486文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン