/

この記事は会員限定です

社外と連携、異業種の知見生かす 起業も後押し

スマートワーク経営調査

[有料会員限定]

企業や組織の枠を超えて外部人材から知見を得る。そんなオープンイノベーションの発想が根付いてきた。新型コロナウイルス禍で企業活動には様々な制限かかかるが、オンライン会議の普及は社外との交流にも利点が大きい。これまでにはなかったような異業種やスタートアップとの連携から成果が期待される。

調査ではイノベーション力で25社が最も高い「S++」となった。上位には製造業やIT(情報技術)の有力企業...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2468文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン