/

この記事は会員限定です

持続的成長へ人材に投資、中高年にも学びの機会

スマートワーク経営調査

[有料会員限定]

企業が中高年社員の教育を強化している。これまで教育の対象は若手社員が多かった。来春から70歳までの定年延長が努力義務化され、働く期間が延びることに対応する。新しい事業やサービスを生み出し、持続的な成長を遂げるには人材への投資が欠かせない。オンラインも活用し、あらゆる年齢層で社員の学びの機会を拡大する。

大和証券グループ本社では45歳以上の社員を対象に、ビジネススキルを磨く研修を取り入れている。研修の内容は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2395文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン