/

この記事は会員限定です

新常態の対応、企業の競争力左右 健康経営も課題に

スマートワーク経営調査

[有料会員限定]

欧米に比べて普及が遅れていたテレワークは、新型コロナウイルス禍で日本でも一気に広がった。働き手にとってのメリットは大きい。長時間通勤からの解放、オンライン活用によるムダな会議の見直しなどだ。だが生産性の改善効果についての評価は相半ばする。社内のコミュニケーションの希薄化がチームワークを損なうなどのマイナス側面もありそうだ。

生産性という果実を得るには何が必要か。「スマートワーク経営調査...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2828文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン