プロ野球

原監督、編成・育成でも手腕 独走でゴールテープ

2020/10/30 23:25
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルスの影響で開幕が遅れて過密日程を強いられた異例のシーズン。選手のコンディションを保つのが難しい状況でも巨人は貯金を着実に積み上げ、リーグ2連覇のゴールを危なげなく駆け抜けた。"全権監督"として編成の権限も持つ原監督のチーム構成力がものを言った。

【関連記事】
・巨人がセ・リーグ2連覇 プロ野球、38度目V

例年になく急ピッチで体を仕上げた選手たちには疲れが見えた。13連戦と9連戦が待…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

プロ野球のコラム

ドラフト会議

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

9回、得点できず落胆する巨人ベンチ

 巨人打線は九回2死から丸がチーム初安打の中前打を放ち、無安打を免れるのが精いっぱい。いいところなく、3連敗であっという間に追い込まれた。

 相手の失策で無死二塁とした初回、バント失敗もあって好機を生か …続き (24日 22:51)

六回、巨人をノーヒットに抑えるソフトバンク・ムーア

 150キロをドンピシャで捉えた巨人・坂本のライナーがレフトに飛ぶ。だが最後のひと伸びが足りない。左翼・グラシアルがフェンスの手前でグラブに収めた。
 ソフトバンク2点リードの四回1死。走者なしでカウン …続き (24日 22:51)

巨人に3連勝で日本一に王手をかけ、笑顔でポーズをとるソフトバンクの中村晃(左)とムーア(24日、ペイペイドーム)=共同

 SMBC日本シリーズ2020は24日、ペイペイドームに舞台を移して第3戦が行われ、4連覇を狙うソフトバンク(パ・リーグ優勝)が8年ぶりの頂点を目指す巨人(セ・リーグ優勝)に4―0で3連勝を飾り、4年 …続き (24日 22:09)

ハイライト・スポーツ

[PR]