/

この記事は会員限定です

オフィス賃料、東京の新築 下げ鮮明

今年下期、既存は上昇鈍化

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍でオフィス賃料が下がり始めた。日本経済新聞社が実施したオフィスビル賃貸料調査によると、2020年下期は東京の新築ビル(築後1年未満)の賃料を示す指数が下落傾向を鮮明にしている。築後1年以上の既存ビルは9年連続で上がっているが、20年上期からの伸びは鈍った。(詳報は4日付特集面に掲載)

賃貸料から算出したオフィスビル賃貸料指数(1985年2月=100)は、東京の新築ビルが167....

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1014文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン