/

巨人がセ・リーグ2連覇 プロ野球、38度目V

プロ野球セ・リーグで2年連続の優勝を決め、胴上げされる巨人・原辰徳監督=共同

プロ野球セ・リーグは30日、巨人が2年連続38度目(1リーグ時代を含め47度目)の優勝を決めた。ヤクルトと3-3で引き分けたが、ともにマジック対象チームの中日が敗れ、阪神が引き分けたため、巨人の優勝が決まった。

原辰徳監督のもとでのリーグ優勝は2度の3連覇を含む9度目。原監督は優勝回数で藤本定義氏と水原茂氏と並んで歴代3位タイに浮上した。

新型コロナウイルスの影響で例年より3カ月遅れてスタートした今季は、エース菅野がプロ野球新記録となる開幕投手からの13連勝をマークするなど開幕から首位を保った。

その後は9月に9連勝するなど独走した。今月29日にDeNAに敗れて今季ワーストの5連敗を喫していたが、2位だった中日が敗れて優勝へのマジックナンバーを「1」としていた。

巨人は11月21日からの日本シリーズ進出も決まった。パ・リーグはクライマックスシリーズ(CS)を行うため、優勝を決めているソフトバンクと2位チームによるCSの勝者と対戦する。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン