揺らぐフランスの政教分離 過激派テロで深まる分断

2020/10/30 21:26 (2020/10/31 5:07更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

パリ近郊や南仏ニースで立て続けに起きたテロ事件がフランス社会を揺るがしている。人口増とともに高まるイスラム教の存在感を政教分離(ライシテ)の原則で押さえ込もうとしてきたが、価値観の衝突が無くならない。マクロン政権は過激思想の対策を強めており、事件をきっかけに社会の分断がさらに深まる懸念もある。

「イスラム過激派のテロがまた起きた。だが我々はひるまない」。マクロン大統領は29日、南仏ニースの教会で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]