/

この記事は会員限定です

揺らぐフランスの政教分離 過激派テロで深まる分断

(更新) [有料会員限定]

パリ近郊や南仏ニースで立て続けに起きたテロ事件がフランス社会を揺るがしている。人口増とともに高まるイスラム教の存在感を政教分離(ライシテ)の原則で押さえ込もうとしてきたが、価値観の衝突が無くならない。マクロン政権は過激思想の対策を強めており、事件をきっかけに社会の分断がさらに深まる懸念もある。

「イスラム過激派のテロがまた起きた。だが我々はひるまない」。マクロン大統領は29日、南仏ニー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1380文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン