JR西日本、コロナでも成長投資 コスト削減を上積み

大阪
関西
2020/10/30 21:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

JR西日本は30日、2022年度までの中期経営計画を修正し、発表した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で主力の鉄道事業で利用客の減少が続くが、再開発などの成長投資は選別した上で進める。一方で設備投資は減らし、コストを削減する。今後しばらく需要は元に戻らないとみて、22年度の売上高の目標は連結で1800億円引き下げた。

新たに公表した計画では、22年度までの5年間の連結の設備投資額は1兆2500億…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]