/

KDDI、ANA・JALからの出向受け入れへ

KDDIの高橋社長はANA、JALからの出向受け入れについて「従業員の育成などお互いプラスになるよう協力したい」とした

KDDIの高橋誠社長は30日、決算発表の記者会見でANAホールディングス(HD)や日本航空(JAL)の社員の出向を受け入れる方針を明らかにした。「従業員の育成などお互いプラスになるよう協力したい」という。出向の受け入れ人数や時期、業務内容は今後詰める。

JALは現在、グループ社員約500人を外部に出向・派遣しているが、KDDIへの出向は早くて12月からになりそうだ。ANAHDは来春をメドに、グループで400人以上を家電量販店のノジマなどに出向させる予定としている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン