/

ハチバン、最終赤字が最大の8億円に 21年3月期

外出自粛で客入りが不調だった

ハチバンは30日、2021年3月期の連結最終損益が過去最大の8億2000万円の赤字(前期は1億800万円の黒字)になりそうだと発表した。前回予想は4億3000万円の赤字だった。収益性が下がった3店舗と閉店した1店舗について減損を計上した。閉店に備え、引当金も特別損失に組み込んだ。

売上高にあたる営業収益は前期比32%減の56億円を見込む。新型コロナウイルスの感染拡大で外出の自粛が長引き、客入りが当初の予想を下回っている。135店舗を運営するタイでは反政府デモがあり、売り上げが下がる見通し。

同日発表した20年4~9月期の連結決算は、最終損益が3億7900万円の赤字(前年同期は1億9000万円の黒字)だった。営業収益は38%減の26億円。赤字は04年3月期以来。店舗での飲食が減少したためテークアウトに力を入れたが、効果は限定的だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン