/

この記事は会員限定です

トヨタ、KDDIに追加出資 520億円強 次世代通信に活路

[有料会員限定]

トヨタ自動車KDDIは30日、資本提携を強化すると発表した。トヨタがKDDIの株式を追加取得し、出資比率を現在の12.95%から13.74%に高める。「コネクテッドカー(つながる車)」と呼ばれる次世代自動車では通信基盤を共同開発しており、今回の提携強化を技術をスマートシティ関連にも応用する。

トヨタは2000年のKDDI発足以来、第2位の株主になっている。今回はKDDIが最大2千億円で自社株を取得し、このうち約52...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り391文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン