/

この記事は会員限定です

[社説]政権目標への道筋が知りたい

[有料会員限定]

菅義偉首相の就任後初めての国会論戦が本格化した。首相はデジタル社会の実現や温暖化ガスの排出削減に強い意欲を示す一方、目標達成に向けた具体的な手順の言及は少なかった。優先課題への取り組みを丁寧に説明し、議論をさらに深めていく必要がある。

国会は3日間に及ぶ衆参両院の各党代表質問を終えた。菅内閣は安倍前政権の半数近くの閣僚を再任し、重点分野に専門性がある閣僚を配置した。その割に政府側の答弁は紙を淡々...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り589文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン