/

この記事は会員限定です

デジタル独占の許容範囲、探る世界 EUは事前規制柱に

米Google訴訟 争点を探る(下)

(更新) [有料会員限定]

巨大IT(情報技術)企業と当局の司法の場での争いは米国が最初ではない。2018年には米グーグル側が欧州連合(EU)の政策執行機関、欧州委員会を提訴した。欧州委が43.4億ユーロもの巨額制裁金を科したのがきっかけだった。

この事例は米司法省が提訴した問題とよく似ている。欧州委はグーグルが端末メーカーに金銭を支払って検索アプリを標準扱いしてもらっていることを反競争的行為とみなした。

欧州委は前年の17...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り981文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン