/

この記事は会員限定です

大人のぜいたく「鯛茶漬け」多彩

漁師飯、濃厚だし…贈答用も

[有料会員限定]

刺し身をご飯の上にのせ、熱いお茶やだしをかけてサラサラといただく鯛(タイ)茶漬け。素朴ながら、魚と米のおいしさを堪能できる日本人のソウルフードだ。白身魚はこれから身が引き締まり、甘みも増す季節。今年は新型コロナウイルスの影響で出荷が減った生産者を応援しようとする取り組みも出てきた。

「ここの鯛茶漬けが大好きなんだよ」。"魚河岸のドン"こと、豊洲市場協会(東京・江東)の伊藤裕康会長がこよなく愛するの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1242文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン