/

この記事は会員限定です

香港の抗議活動 世界に影響 J・ワッサーストローム氏

米カリフォルニア大学アーバイン校教授

[有料会員限定]

2014年と19年に香港で繰り広げられた大規模な抗議活動は、その目標である香港の民主化を推進することができなかった。

だが、ベラルーシのミンスクや米国のミネアポリス、レバノンのベイルート、タイのバンコクなどでは、それぞれの主張を掲げた抗議デモが続いている。香港の先行きは暗いとしても、その闘争が独裁的勢力と戦う世界の活動家に影響を与えたことは明らかだ。

香港の若き活動家にとって、精神的な「祖先」とい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1544文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン