/

エムスリー、純利益50%増 4~9月 医薬サイト好調

エムスリーが30日発表した2020年4~9月期の連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比50%増の147億円だった。同期間としては過去最高だった。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、運営する医薬品情報サイトで製薬会社から徴収する手数料収入が増えた。

売上高にあたる売上収益は22%増の750億円、営業利益は45%増の239億円だった。新型コロナの影響で製薬会社の医薬情報担当者(MR)の活動が制限される中、エムスリーの医療従事者向け情報サイト「エムスリードットコム」の利用が急増。医薬品の情報を提供する製薬会社からの手数料が伸びた。病院の経営を支援する事業も好調だった。

21年3月期の業績見通しは、新型コロナの影響を合理的に算出することが困難として、引き続き「未定」とした。ただ、感染の再拡大などもあり、MRの訪問自粛を求めている病院は依然として多く、製薬業界では事業活動のデジタル化を推し進めている。谷村格社長は「構造変化のスピードが想像以上に進み、コロナが収束しても元に戻ることはないだろう」と話し、さらなる事業拡大へ自信をみせた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン