/

この記事は会員限定です

[FT]開票も波乱含み 当確打ちに苦慮する米メディア

[有料会員限定]

AP通信は170年余にわたり米国の選挙の投票結果について取材してきた。だが今年初めて、投開票日の夜に「大統領」を認めない事態となることに備えている。

「(そうなることを想定して)随分と考えてきた」と同通信のサリー・バズビー編集主幹は語る。自社が投票結果を見極める前にトランプ大統領またはバイデン前副大統領が勝利宣言をした場合には、異議を唱えるという。

「『数学的根拠から、まだ結果は見極められない』...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2606文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経電子版の「アメリカ大統領選挙2020」はアメリカ大統領選挙のニュースを一覧できます。データや分析に基づいて米国の政治、経済、社会などに走る分断の実相に迫りつつ、大統領選の行方を追いかけます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン