/

三菱地所、みずほ銀前本店跡地に商業ビル

三菱地所は11月5日、みずほ銀行前本店ビル(東京・千代田)などの跡地に建設した複合施設の商業エリアを開業する。丸の内の中心部に位置し、大型の飲食店や靴磨き店など計11店で構成。ダーツやカラオケを楽しめるエンタメ施設も出店する。近隣で働く会社員のほか来街者も取り込み、新型コロナウイルス禍の丸の内のにぎわい作りにつなげる。

商業エリアが入る別棟の名称は「丸の内テラス」。みずほ銀行前本店ビルや銀行会館などがあった場所を三菱地所のほか、みずほフィナンシャルグループや全国銀行協会が共同で再開発を進めていた。複合施設のうち、隣接する地上29階建てのオフィス棟はみずほFGが2020年末から、順次入居する予定という。

ダーツやカラオケに加え、卓球も楽しめる「MARUNOUCHI BASE」(30日、東京都千代田区)

30日に内覧会を開いた丸の内テラスは地下4階、地上10階で構成する。商業エリアの目玉は9、10階に入る飲食店「THE UPPER」だ。フレンチ料理を提供しルーフトップが特徴。2階にはカラオケやダーツが楽しめるエンタメ施設も入り、靴磨き店や理容室なども入居する。

三菱地所は大手町や丸の内、有楽町地区について、働くだけでなく食事や遊び、買い物を含めたにぎわいのある街に進化させることを目指している。コロナ禍で来街者は減っているが、新たな複合施設を通じ幅広い層の人を呼び込む考えだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国から世界に拡大しています。関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン