/

横浜商議所、市にコロナ対策やIR推進を要望

横浜商工会議所は30日、横浜市の林文子市長に2021年度の市政運営に関する要望を行った。新型コロナウイルスの影響を踏まえた医療体制の充実や経済回復に向けた企業支援の強化などを訴えた。カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致促進も盛り込んだ。

上野孝会頭が横浜市役所に林市長を訪ね、要望書を手渡した。コロナ対策では雇用調整助成金の延長などに向けた政府への働きかけや、雇用維持に特化した公的融資制度の創設を要望。企業向けにテレワークやキャッシュレスの導入支援も掲げた。

IRでは、コロナ下の感染症対策を踏まえた整備や、防災拠点としての機能強化を求めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。
■ワクチン・治療薬 ■国内 ■海外 ■感染状況 ■論文・調査 ■Nikkei Asia

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン