/

この記事は会員限定です

コロナ禍のしきり デザイン評論家 柏木博

[有料会員限定]

わたしたちは、無数の「しきり」を生活の中に作っている。国境、民族、プライバシーのための多様な「しきり」。そしてミクロの「しきり」としては、自己と非自己を仕切っている免疫。「しきり」は、わたしたちの物理的・精神的システムを延命するための防御装置としてある。

「しきり」の形式は文化の差異を反映してもいる。たとえば、日本の伝統的なしきりの襖(ふすま)や障子、あるいは屏風は、欧米の強固な壁やドアとは異なっ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1544文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン