バンダイ、吉本興業とゲーム お笑いコンビになりきり

サービス・食品
2020/10/30 13:06
保存
共有
印刷
その他

バンダイは吉本興業と組み、人気のお笑いコンビになりきって遊ぶボードゲームを11月28日に発売する。すごろく型で2~5人まで遊べ、止まるマスによってファン数が増減する。最もファンを増やしたプレーヤーが勝つ。新型コロナウイルス感染対策の外出自粛で、高まっている室内遊びの需要に応える。

バンダイが発売するボードゲーム「よしもと笑(わら)―1(ワン) ボードゲーム」(C)YOSHIMOTO KOGYO

商品名は「よしもと笑(わら)―1(ワン) ボードゲーム」。なりきるお笑いコンビは吉本興業に所属する「チョコレートプラネット」や「ガンバレルーヤ」など9組から選ぶ。マス目にはファンが増減するエピソードを載せたほか、コンビのネタや決めセリフをモチーフにしたゲームが遊べるものも用意した。ゲームは全プレーヤーがゴールに到達すると終わる。

プレーヤーが手元に持つお笑いコンビのカードにはコンビのブレイク前と後の写真を載せるなど、細部までこだわった。バンダイは「家族でゲラゲラ笑えるボードゲームをコンセプトに開発した」という。価格は税別3980円。全国の玩具店、百貨店などで販売する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]