/

この記事は会員限定です

電子署名の普及阻む「実印」の発想

ハンコ文化を問う(中)

[有料会員限定]

ハンコ万能主義が根強く残る日本に対し、欧米ではいち早くハンコから署名に利用の主流が移った。近世ヨーロッパではハンコをステータスシンボルとして、手紙の封印に使っていた貴族階級が没落。教育の普及と個人の意識が高まったことで、19世紀以降は、署名だけで済ませる社会的慣習が次第に一般化した。

欧米では20世紀末から21世紀にかけて登場した電子商取引にも素早い対応が進んだ。インターネットによって様々な商品の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り693文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン