/

この記事は会員限定です

東京都、公文書館への「コロナ文書」移管ルール決定

潜望展望

[有料会員限定]

東京都は新型コロナウイルス対策の政策決定の過程を示す行政文書を都公文書館(国分寺市)に移管する際のルールを決めた。政策単位で移管ルールを決めるのは初めてだ。今後のモデルケースとなるだけに、移管文書を決める権限を持つ都とそれをチェックする同館の役割が重要になる。

「都民に対する説明責任を果たす」「将来の感染症対策の教訓として生かす」――。10月19日に開かれた都の公文書管理委員会で、「コロナ文書」を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り901文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン