/

この記事は会員限定です

妻の老後、一人暮らしに備え 遺族年金や繰り下げ活用

[有料会員限定]

「もし夫に先立たれたら、年金で暮らしていけるだろうか」。東京都内で暮らす女性Aさんは70歳を迎え、不安を強めている。1つ年上の夫は会社勤めの後に独立。60代まで仕事を続けてきたが、最近はほぼ無職の状態だ。2人が受け取る年金は合計で月十数万円。今は何とか暮らしているが、もし夫が先に亡くなったら生計が成り立つか自信がないという。

遺族の生活を保障

公的年金制度には夫婦どちらかが亡くなったとき家族の生活...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1666文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン