/

この記事は会員限定です

環境株に「隠れトランプ」 岩谷産業、29年ぶり高値圏

証券部 大西康平

[有料会員限定]

波乱含みの米大統領選を目前にした東京株式市場で、ガス専門商社、岩谷産業の株価が29年ぶり高値圏にある。民主党のバイデン氏が勝利すれば再生可能エネルギーへの大規模投資によって同社が日米で手がける水素ステーションに追い風になりそうだが、それだけではない。

岩谷産業の株価は9月末に比べて約2割上昇した。地球環境政策に熱心なバイデン氏が勝利し、上下両院も民主党が多数を占める「ブルーウェーブ」への期待がある。14日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り806文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン