/

この記事は会員限定です

博報堂辞し志す「地元とともに」 家業の酒造で挑む革新

[有料会員限定]

博報堂に勤めていた加藤喬大さん(29)は7月末、会社を辞めた。故郷の水戸市にUターンし、家業の酒類メーカーで地元とともに歩む決心をしたからだ。

大企業相手のマーケティングに、アジアでの街づくり事業のチームリーダー。博報堂での仕事は「つらくて泣いた瞬間も、うれしくて跳び上がった回数も、学生時代とは比べものにならないくらい多かった」。

他方、家業の明利酒類(水戸市)は創業江戸期、地元では知られた老舗酒...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1527文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン