/

日経平均、5日続落 2万3000円下回り2カ月ぶり安値

(更新)

30日の東京株式市場で日経平均株価は大幅に5日続落した。前日比354円81銭(1.52%)安の2万2977円13銭と心理的な節目の2万3000円を下回り、8月28日以来およそ2カ月ぶりの安値で終えた。下げ幅は7月31日(629円)以来の大きさで、5日以上続落するのは7月以来。新型コロナウイルスの感染拡大が続く欧州で外出制限などの動きが相次ぎ、投資家心理を冷やした。米株価指数先物の下落も重荷となり、日経平均は大引けにかけて下げ幅を拡大した。

フランスやドイツでは感染拡大を抑えるためロックダウン(都市封鎖)に踏み切る動きが続いており、経済活動の制限で景気の回復が遅れるとの見方が増えている。投資家は運用リスクを回避する姿勢を強めた。

午後に米株価指数先物が一段安となると、日経平均も下げ幅を広げた。市場では「日本時間の今晩に開く米株式市場で、前日に決算を発表した米アップルなどハイテク株に売りが膨らむのではとの警戒感から、海外のヘッジファンドなどが売りを出した」(国内証券)との見方があった。11月3日に米大統領選を控え、先行き不透明感も売りを促したようだ。

日経平均を対象としたオプションの価格から算出する日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)は大幅に上昇。終値で6月29日以来4カ月ぶりに節目の30を上回った。

JPX日経インデックス400は大幅に5日続落。終値は前日比290.03ポイント(2.00%)安の1万4210.19だった。東証株価指数(TOPIX)も大幅に5日続落し、31.60ポイント(1.96%)安の1579.33で終えた。

東証1部の売買代金は概算で2兆6377億円。売買高は13億1380万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1897と、全体の9割近くを占めた。値上がりは244、変わらずは39銘柄だった。

武田やエーザイ、大日本住友など売られた。アルプスアルやスクリン、東エレクなども下落。NECや富士通なども安い。一方でアドテストは逆行高。エプソンやオリンパス、東ガス、大ガスなども上昇した。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン