/

この記事は会員限定です

国産ニンニク、卸値2倍 入荷減・消費増重なる

中国産は2割安 輸入品シェア上昇の観測も

[有料会員限定]

国産ニンニクが値上がりしている。主力の青森県産は現在、東京市場の卸値が前年の2倍。夏場の日照不足が響き、入荷量が3割少ない。新型コロナウイルス禍で免疫力を高める食材として需要が高まっている。一方、輸入品は安値が目立つ。市場には需要シフトを見通す声が出ている。

ニンニクの2019年の国内供給量は約4万トン。国産と輸入ものがほぼ半々で、国産の7割を青森県産が占める。白く大玉の品種が小売店で売られてい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り802文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン